• 若手のスキルアップに協力

    若いエンジニアにとっては、スキルアップは死活問題です。スキルを向上させていかなければ、仕事をうまくこなしていくことができません。まだ仕事を始めたばかりの技術者にとって、仕事に役立つスキルはどのようにしても手に入れたいものです。若手エンジニアが学んでおきたいスキルアップについて、より詳しく知りたければ【スキルアップセミナー for Engineers

    若い技術者は、スキルアップのためにベテランの技術者から学ぶべきことが多くあります。定年に近くなったベテラン技術者が持っている高度な技術は、若手エンジニアにとって学ぶべき点が多くあります。このことから、年齢の差のギャップに躊躇することなく、積極的にベテラン技術者と交流を行うべきです。ベテラン技術者の昔話であっても、そこには技術者として成長するために必要な参考になるヒントが隠されています。定年を迎えた技術者はいずれは開発現場から離れるため、定年により失われる技術を後に続く若手のエンジニアたちが引き継いでいかなければなりません。それだけに、若手技術者とベテラン技術者との交流は、より頻繁である事が求められます。定年を迎え引退するために、いかに若い人たちに多くの技術を残し育成できるかが、ベテラン技術者にとっての重要な課題です。技術者として引退するまでの残りの時間は、後進の技術者たちのスキルアップの力になれるかに価値が見い出せます。開発会社としても、開発技術者たちの年齢を問わない交流を促進させ、技術を会社に残す試みに力を入れる必要があります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です